カテゴリ: 兜太の句を味わう

 金子兜太百句を読む 池田澄子 人体冷えて東北白い花花盛り     句集『蜿蜿』                          池田 これも私はざわざわしちゃうんですね。最も好きなうちの一つです。金子 これは長谷川櫂が、いい評論書いてくれてましたねえ ...

  金子兜太百句を読む 池田澄子  霧の村石を役うら父母散らん  句集『蜿蜿』池田 「父母散らん」で「投うらば」ですから、この「らば」のあとは、だから石は投げない、ですよね。金子 はい。そのとおり。それぐらい、はかない存在になっちゃっているということだか ...

 金子兜太百句を読む 池田澄子  朝はじまる海へ突込む鴎の死                  「金子兜太句集」池田 これはよく言われていますが、いろんな非業の死などを見て、そして今を生きている。生きなおす、そういう意味にとっていいんでしょうか。金子 そうだ。映像 ...

金子兜太百句を読む 池田澄子   銀行員ら朝より蛍光す烏賊のごとく        『金子兜太句集』                            池田 よく理解されましたね、この句。ちゃんと有名になりました。金子 初めっから、銀行員を皮肉ってるとい ...

     金子兜太百句を読む 池田澄子           白い人影はるばる田をゆく消えぬために            『少年』                            金子 これは永田耕衣がえらい褒めた句なんだ。これを主題に彼、評論を書いてますよ。池田 ...

金子兜太百句を読む 池田澄子    暗闇の下山くちびるをぶ厚くし  句集『少年』                         金子 これは好きな句だ。池田 これは、昔はよく分がらなかったんです。「くちびるをぶ厚くし」の意味が。ごろごろした坂道をドンド ...

    死にし骨は海に捨てべし沢庵噛む       『少年』                             池田 先生この「死にし骨は」というのは……。金子 文法的におかしい?池田 この「死にし」は、自分か死んだときですね?金子 自分のことです ...

木曾のなあ木曾の炭馬並び糞(ま)る     金子兜太      『少年』            池田 この「木曾のなあ」はねえ……。やられました。金子 これが最後の句、兵隊に行く前の。大学は繰り上げ卒業で、一人旅を牧ひでをというのが名古屋にいて、そこに泊まって ...

金子兜太百句を読む 池田澄子きょお!と喚いてこの汽車はゆく新緑の夜中                         金子兜太句集『少年』池田 「この汽車が行く」の「この」ということは、作者はこの汽車に乗っている。その夜汽車は新緑の中を喚きながら走っている ...

「金子兜太著・自選自解99句」は特別版がありました。写真の本物の色紙1枚が挟まれています。価格は?お高いです。 ...

句を自解しています。内面的な句から原郷の秩父の風土を見つめる句へと段々変わりました。 ...

「海程」は兜太が創刊した俳誌です。2018年7月544号で終刊しました。「海程句集3」平成24年 金子  兜太左義長や武器という武器焼いてしまえ差羽帰り来て伊良湖よ夏満ちたり      (伊良湖岬に句碑があります)夏の猫ごぼろごぼろと鳴き歩く老母指せば蛇の体 ...

 俳句四季11月号・12号  大特集、100人が読む金子兜太(抜粋)▼編集後記に「大特集・100人が読む金子兜太」は二号連続企画。今月号で前編、次号で後編として、歌人の岡井隆さんを含め、延ベ100人を超える皆さんに、一番好きな金子兜太さんの句を鑑賞していただ ...

 「金子兜太の句を味わう」   池田澄子(兜太百句を読むから抜粋)    霧の村石を放(ほ)うらば父母散らん    兜太    『句集・蜿蜿』                        池田・「父母散らん」で「投うらば」ですから、この「らば」のあとはだから石は ...

↑このページのトップヘ